草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

野草花染めの会

20180522190135cae.jpg
心の底であたためていた、ちいさな会をスタートしました。

植物と心をかよわせることに重点を置いた、染色会です。

201805221901077c0.jpg
その名も「野草花染め」

ioさんが名付けてくださいました

20180522190103ec9.jpg
鎌倉にも、こんな場所があったんだ!
というような深い山に抱かれた、静かな谷戸の奥。

20180522190104841.jpg
季節の山野草たちをいつくしみながら。

201805221901077c0.jpg
鳥のさえずり、梢のゆれる音。
胸の奥まで届くような、澄みきった風が吹いていました。

20180522190136276.jpg
手紡ぎ、手織りの繊細な布をデザインしたコースター。
絲室・磯部祥子さんの作品を染めさせてもらいました。

20180522190133606.jpg
お手製のドクダミ茶と、鎌倉・美鈴さんの生菓子を戴きます。
どのお菓子もモダンな色彩です。
全部はお写真撮れませんでした。

20180522190137541.jpg
開け放した窓からは山の精気が感じられ、さりげない調度品にも野のエッセンスが加えられていました。
ioさんのセンス、とても素敵です。

20180522190213fef.jpg
お庭の植物たちのハーブウォーター。

20180522190211571.jpg
鎌倉の谷戸の深い緑と、水と光と。

ioさんの小さなお店も人気でした。
今日のはじめてを忘れないように、古い水晶の雫を記念にもらって帰りました。

植物と人とのかかわりを大切に想う時間。

みなさん、きらきらした笑顔でお帰りになりました。
私も、ふわっと身体と心が軽くなった、そんな野草花染めの会でした。

次回は夏の頃にお会いしましょう。

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

5月の草木染め体験のご案内です。

5月の草木染め体験のご案内です。
5月は通常のワークショップの他、お持ち込み自由のスペシャル!ワークショップもご用意しております。


GWスペシャル!生地お持ち込み自由Day
(草木染め・逗子会場/藍染め・燕カフェ@鎌倉)
https://www.facebook.com/events/326411237884173/
0001 (35)

5/5(土)えんじゅ染め(黄色)残席1名さま会場:逗子教室~逗子駅から徒歩15分

5/6(日)藍染め(空色)会場:燕カフェ~鎌倉駅から徒歩10分 

開催時間:13時~15時
費用:¥3500

お持ち込み100g以上は10g毎に100円追加になります。

てぬぐい¥300・ショール¥1500~にて販売可能です。(要予約)



*お持ち込み素材について~必ずお読みください~*

・シーツやカーテンなどの大判素材はご遠慮ください。

・100g以上の大判の生地や、中厚手以上の生地はムラができやすくなります。

・化繊(ポリエステル・アクリルなど)は染まりませんので御注意ください。

・薄手のシャツ、タンクトップ、小物類などがおすすめです。

・草木染めはシルク生地がおすすめです。草木染めの場合、綿麻は濃染処理が必要になります。(当日、会場にて処理希望の場合は追加料金¥500で可能です)


* * *


草木染め体験ワークショップ・燕カフェ@鎌倉

こちらは通常のワークショップになります。


5/12(土)蘇芳+ログウッド(ピンク+紫の2色染め)

5/26(土)よもぎ染め(若草色)

5/28(月)よもぎ染め(若草色)


開催時間:13時~15時
費用:¥3800(てぬぐい)¥5000(シルクコットンショール)¥5500〜(シルクショール)

お持ち込みは中級コースの方のみ¥3500(お持ち込み重量/50gまで)

会場:燕カフェ~鎌倉駅から徒歩10分

suou2:11
(蘇芳・ログウッド)
201705161759094d8.jpg
(よもぎ)

*会場について

・燕カフェ:鎌倉駅東口より徒歩10分

ほっこりあたたかな古民家カフェ
丁寧に作ってくれるごはんやスイーツが美味しいです。
(ワークショップご参加の際はカフェオーダーをお願いしております)

神奈川県鎌倉市小町3-2-27
https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/


* * *

お問い合わせ、お申し込みは

kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。

http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact


~重要なおしらせ~

ワークショップへのお申し込みの際、softbankなどの携帯端末のメールアドレスをお使いの場合、工房からの返信メールが届かないことが(頻繁に)あります。

kurrambon@gmail.comからの受信が可能な状態に設定ください。


* 24時間経っても返信メールが届かない場合は、別のアドレスにてお問い合わせいただくか、FBページのメッセージをご利用ください。

* 工房からの返信が迷惑ボックスに配信されてしまうことがあります。そちらも御確認ください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


* * *

20170816125558618.jpg

新緑の輝きと、百花繚乱の花々の姿が楽しめるこの季節。

植物の色を楽しみながら、ぴかぴか元気になりましょう。

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

〜写真展示のお知らせ・藍 ai〜

私、佐藤麻陽をモデルに撮影くださった角城慎さんが、第57回富士フィルムフォトコンテストで入賞されました。

フォトブック部門での入賞で、全国6カ所で展示されます。
(フォトブックは手に取ってご覧いただけます)

藍染め(インド藍)ワークショップの、ある日を切り取った情景です。
藍の神秘的な生命の姿と共に、夏の鎌倉が、やわらかなかげろうのように浮かび上がります。

東京は4/13〜19の会期になります。
機会がございましたら、ぜひご覧ください。


第57回富士フィルムフォトコンテスト
フォトブック部門
審査員特別賞

「藍 ai」
角城 慎


pic_01.jpg
pic_03.jpg


会場詳細
https://www.fujifilm.co.jp/fpc/57/exhibition/index.html
受賞作品紹介
https://www.fujifilm.co.jp/fpc/57/photobook/judge/index.html


東京
2018年4月13日(金) ~ 4月19日(木)
富士フイルムフォトサロン 東京
東京都港区赤坂9-7-3 フジフイルム スクエア内

大阪
2018年4月27日(金) ~ 5月3日(木・祝)
富士フイルムフォトサロン 大阪
大阪府大阪市中央区本町2-5-7 メットライフ本町スクエア (旧 大阪丸紅ビル) 1F

仙台
2018年5月24日(木) ~ 5月29日(火)

富士フイルムフォトサロン 仙台
宮城県仙台市宮城野区鉄砲町西1-14 富士フイルム仙台ビル 1F

名古屋
2018年6月8日(金) ~ 6月14日(木)

富士フイルムフォトサロン 名古屋
愛知県名古屋市中区栄1-12-17 富士フイルム名古屋ビル 1F

福岡
2018年6月22日(金) ~ 6月27日(水)

富士フイルムフォトサロン 福岡
福岡県福岡市博多区住吉3-1-1 富士フイルム福岡ビル 1F

札幌
2018年8月31日(金) ~ 9月5日(水)

富士フイルムフォトサロン 札幌
北海道札幌市中央区大通西6-1 富士フイルム札幌ビル 1F


4月28日(土)に、鎌倉・燕カフェさんで藍染め体験ワークショップを開催致します。

4/28(土)藍染め(青色)13時〜15時

参加費:
¥3500(てぬぐい)
¥5000〜(ショール)
ショールは天然素材のものを数種類ご用意致します。
シルクコットン シルクなど、お好きなものをその場でお選びください。

藍染め(青色)
unname201803233d-4.jpg
インド藍と呼ばれる、マメ科のインディゴフェラという植物から染めます。
インド藍の色は鮮やかで澄んでいるのが特徴。
クレオパトラの時代から愛された、清浄の色をお楽しみください。

会場:燕カフェ
・燕カフェ:鎌倉駅東口より徒歩10分
ほっこりあたたかな古民家カフェ
丁寧に作ってくれるごはんやスイーツが美味しいです。
(ワークショップご参加の際はカフェオーダーをお願いしております)

神奈川県鎌倉市小町3-2-27
https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

* * *

お問い合わせ、お申し込みは

kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact


~重要なおしらせ~

*ワークショップへのお申し込みの際、softbankなどの携帯端末のメールアドレスをお使いの場合、工房からの返信メールが届かないことが(頻繁に)あります。
kurrambon@gmail.comからの受信が可能な状態に設定ください。

*24時間経っても返信メールが届かない場合は、別のアドレスにてお問い合わせいただくか、FBページのメッセージをご利用ください。

* 工房からの返信が迷惑ボックスに配信されてしまうことがあります。そちらも御確認ください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

4月の草木染め体験のスケジュールです。

20170407203904dc8.jpg

昨日の春分は、鎌倉では雪になり驚きました。
でも、野では菜の花が咲き、たんぽぽの花も顔を覗かせ、しっかりと春は始まっています。

4月の草木染め体験の日程です。

4/8(日)桜染め(ベージュピンク)13時〜15時 満席になりました
15(日)紅花染め(黄色と紅色)13時〜15時 満席になりました
16(月)ログウッド染め(紫色のグラデーション)13時〜15時 満席になりました
28(土)藍染め(青色)13時〜15時  満席になりました

参加費:
¥3500(てぬぐい)
¥5000〜(ショール)
ショールは天然素材のものを数種類ご用意致します。
シルクコットン シルクなど、お好きなものをその場でお選びください。

桜染め
20180323.jpg
鎌倉の桜の枝を使って上品な色を楽しみます。
桜の香りにつつまれる、しあわせな染めです。


紅花染め
201803235.jpg
紅花は黄色と紅色の色素を持っています。
シルク素材であれば二色を染め分け、染め重ねてより奥行きのある作品を仕上げることができます。
綿素材は、下処理をしなくても紅色が鮮やかに染まります。

ログウッド染め
201803232.jpg
マメ科の樹木です。お坊さまの法衣などを染める、高貴な色。
薄いスミレ色〜深みのある紫まで、グラデーションを作ることができます。
もちろん、単色で染めても美しいです。


藍染め(青色)
unname201803233d-4.jpg
インド藍と呼ばれる、マメ科のインディゴフェラという植物から染めます。
インド藍の色は鮮やかで澄んでいるのが特徴。
クレオパトラの時代から愛された、清浄の色をお楽しみください。


会場:燕カフェ
・燕カフェ:鎌倉駅東口より徒歩10分
ほっこりあたたかな古民家カフェ
丁寧に作ってくれるごはんやスイーツが美味しいです。
(ワークショップご参加の際はカフェオーダーをお願いしております)

神奈川県鎌倉市小町3-2-27
https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

* * *

お問い合わせ、お申し込みは

kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact


~重要なおしらせ~

*ワークショップへのお申し込みの際、softbankなどの携帯端末のメールアドレスをお使いの場合、工房からの返信メールが届かないことが(頻繁に)あります。
kurrambon@gmail.comからの受信が可能な状態に設定ください。

*24時間経っても返信メールが届かない場合は、別のアドレスにてお問い合わせいただくか、FBページのメッセージをご利用ください。

* 工房からの返信が迷惑ボックスに配信されてしまうことがあります。そちらも御確認ください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

今期より、最小催行人数を2名様よりとさせていただきます。
定員に満たない場合、開催を見送ることがございます。
その場合は2日前までにご案内申し上げます。
大変申し訳ございませんが、御了承くださいませ。

20170407203902f4c.jpg

キブシの花です。
かんざしのように垂れ下がって咲く、うつくしい花です。
梅が終わって、桜が咲くかな?という頃に咲きだし、この花が終わる頃には新緑が輝き始めます。

木立や野原が、刻々と姿を変えていくこの季節。
生命の輝きにふれるようで、うれしい気持ちになります。

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

知多半島の桜染め

知多半島の桜で染めました。
20180316-2.jpg

夫の実家が知多半島にあるのですが、事情で桜の木を切り倒すことになりました。
こういう仕事をしているので、伐採された樹木を戴くことは多いのですが、根っこから切り倒すのに立ち会ったのは初めてのこと。

胸のひりひりする想いと、申し訳なさと、季節を楽しませてくれたことの感謝を、色に写し取らせてもらいました。

20180316-3.jpg

桜を煮出した液は、染める前と染めた後ではここまで色が変わります。
20180316-4.jpg

(奥:染める前・手前:染めた後)
しっかりと桜の色素が、布に移ったことが分かります。

20180317-2.jpg
桜の息吹、存在そのものが布に宿ったように思え、いとおしく感じます。

20180317.jpg

201803174.jpg
(桜とインド藍乾燥葉を合わせて)

桜の色は、ほんのりとしているのに深い存在感があります。
また春が巡って来たこと、穏やかに迎えることができたことをうれしく思います。


3月の桜染めは満席になっていますが、また4月にも開催予定です。
日程など、決まりましたらご案内致します。

Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback