FC2ブログ

atelier艸木 -あとりえそうぼく-(旧・草木染め工房くらむぼん) | 鎌倉の小さな草木染め工房

今年も藍を仕込みました。

201908171044570ea.jpg
二階堂の自宅アトリエからの景色です。
立秋を過ぎて、少し秋めいてきました。

20190817104503eb8.jpg
今年も、昔ながらの醗酵式の藍建てで藍を仕込んでいます。

天然酵母のパンを焼いてみた方、ぬか漬けをされている方なら、すぐに感覚を掴めると思います。

すくも(蓼藍を醗酵させたもの)、木灰、少量の貝灰(あるいは石灰)。
これだけでも建ちますが、私は好みで日本酒を加えています。

藍とお酒を酌み交わしていると思うと、(私は)ぐっと親しく感じるので。
あまり加えすぎると、藍が弱く?なり、phの調整が難しくなりますので、おまじない程度です。

藍の産地によっては、糖分を必要とするようです。
その場合は日本酒やブドウ糖の他、ふすまのお粥を加えます。

201908171101216fb.jpg
失敗したかも?と思っても、気楽に気長に見守っていると、しっかり藍は自分の力で生きようと頑張ります。
その頑張りに、そっと手助けをすると、みるみる蘇ることがあるので、諦めずに様子を見てください。

どうしてもダメ!という場合は、醗酵建てを諦めて、ハイドロを加えます。
すぐに化学建てで藍が建ち、染色することができます。


20190817110058dcd.jpg
二階堂の自宅アトリエで、漆喰塗りに没頭しています。
練り漆喰ではなく、本漆喰(石灰、わらすさ、ふのり)を自分で練っているのですが、もう、びっくりするほど海の香りがします。

201908171045198b3.jpg
藍建て用の貝灰と漆喰を並べると、どちらも真っ白で似ているので頭が混乱します。
もともとは漆喰も、石灰ではなく貝灰を使ったのかもしれないな、と思いつつ。

スポンサーサイト



Category : つれづれ
Posted by atelier souboku on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kurrambon.blog.fc2.com/tb.php/280-5d44a87c
該当の記事は見つかりませんでした。