FC2ブログ

草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

秋の野の草染め&天蚕の黄色

201811081306036c2.jpg
先日の草木染め教室は、秋の野の草染めでした。
セイタカアワダチソウ、ヨメナ、ススキなど。
どれも、黄色系のお色を出してくれる植物たちです。

20181108130604695.jpg
ふんわり、やさしい黄色に染まりました。

201811081306079f5.jpg
毎年、この時期の野の草で染めるとき、(ああ、秋の陽射しの色だなあ)と思います。
やさしく澄んだ色で、本当に野の色を切り取ったみたい。

20181108130606125.jpg
こちらは天蚕の繭です。
カンボジアのお土産に頂戴したもので、同じ天然の黄色です。
ワークショップにご参加のみなさんで、手のひらに載せて観察会。
やわらかな糸と明るい色彩に、心がなごみます。

とうもろこしのお菓子みたい…という感想も。

ブナ科の葉を食べる天蚕たちは、体内に樹木の色素を蓄えるのでしょうか。
きっと、彼らの生命を守る効能を植物たちから抽出し、それが色素として現れているのでしょう。

2018110813062942f.jpg
染色後のセイタカアワダチソウは、お風呂に入れると爽快なデトックス湯になります。
キク科の心地よい香り、身体の毒素を洗い流すような暖かさ。

画像は煮出した液ですが、セイタカアワダチソウのサポニンで泡立っています。
不思議な草ですね。

201811081306283b0.jpg
塩害でかりかりに枯れてしまった森の植物も、少しずつ再生中です。
思いがけないところから新芽が出てきて、植物の力には驚かされます。

山肌は、ところどころ春のような新緑が眺められて、ちょっとぼんやりしてしまいます。
この冬は、どんなかしら。


11月の草木染め体験は、ただいま日程を調整中です。
11/22の草木染めバルの他、あともう一日程度、通常のワークショップを開催できればと思っています

お待たせして申し訳ございません。
あらためてご案内を致します。

スポンサーサイト

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kurrambon.blog.fc2.com/tb.php/263-3c242a59
該当の記事は見つかりませんでした。