FC2ブログ

草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

野草花染の会

201809201212382b4.jpg
先日は野草花染(やそうかぞめ)の会でした。
この春から、鎌倉・十二所の山のお家で、ひっそり染色会をさせていただいています。

鎌倉の植物たちと交流することに重きを置いた会。
今回は、番外編で藍染めを行うことになりました。

蓼藍の乾燥葉を使って、ことこと煮出す、一風変わった藍染めです。
その特徴は何と言っても、薄く染めた時に現れる青磁のような味わい。

2018092012124101c.jpg
十二所あたりは鎌倉の端っこになります。
近くには報国寺や浄明寺もあり、しっとりとした雰囲気を楽しめる場所です。

2018092012130762b.jpg
ゆっくりと山に入って行く、この道も秋が始まっていました。

201809201212439fc.jpg
さらに山深い小道を歩くと、会場です。

20180920121305842.jpg
主催のioさんの、植物との豊かな関わりが感じられるおもてなし。
お庭のハーブとスダチのサン・ティー。

20180920121244b23.jpg
森の風に吹かれながら、窓にせまる緑に包まれながら染色を楽しんだ後は、甘いおやつで心あたたかに。
武山ふみえさんの美味しいグラノーラ入りのアイスクリーム。
マスカットのグリーンが、藍染めの色の伴奏をしてくれています。

上に載っているのは、つゆくさのブルー。
つゆくさは葉っぱもおひたしなどで戴けますが、お花も食べられるのですね。
ほんのり甘くて、やさしい気持ちになりました。

201809201212391d5.jpg
染めたものは、「絲室」の磯部祥子さんのコースター。
手紡ぎのカディコットンをモザイクタイルのように重ねた、繊細な作品です。

染める前のコースターも美しく、色彩をまとった姿も愛らしく、なんというか、ここに流れている時間すべてがいとおしくなる…そんなひとときでした。


ioさんの野草花染は、次回の開催は未定です。

ですが、この秋から、小町の燕カフェさんで、夜の草木染め会を計画中。
やはり植物との交流を大切にした会にしたいと思っています。

スポンサーサイト

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kurrambon.blog.fc2.com/tb.php/258-d1c8940e
該当の記事は見つかりませんでした。