草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

知多半島の桜染め

知多半島の桜で染めました。
20180316-2.jpg

夫の実家が知多半島にあるのですが、事情で桜の木を切り倒すことになりました。
こういう仕事をしているので、伐採された樹木を戴くことは多いのですが、根っこから切り倒すのに立ち会ったのは初めてのこと。

胸のひりひりする想いと、申し訳なさと、季節を楽しませてくれたことの感謝を、色に写し取らせてもらいました。

20180316-3.jpg

桜を煮出した液は、染める前と染めた後ではここまで色が変わります。
20180316-4.jpg

(奥:染める前・手前:染めた後)
しっかりと桜の色素が、布に移ったことが分かります。

20180317-2.jpg
桜の息吹、存在そのものが布に宿ったように思え、いとおしく感じます。

20180317.jpg

201803174.jpg
(桜とインド藍乾燥葉を合わせて)

桜の色は、ほんのりとしているのに深い存在感があります。
また春が巡って来たこと、穏やかに迎えることができたことをうれしく思います。


3月の桜染めは満席になっていますが、また4月にも開催予定です。
日程など、決まりましたらご案内致します。

スポンサーサイト

Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kurrambon.blog.fc2.com/tb.php/240-905a07b1
該当の記事は見つかりませんでした。