草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

『草木染めレッスン帖』佐藤麻陽 著 発売中です。

2017051618002072f.jpg
依頼を受けていた書籍が、ようやく発売になりました。

『草木染めレッスン帖 』佐藤麻陽(さとうまよお) 著
ブティック社 ¥1080

初心者の方から、いろいろな染料で染めてみたくなった中級者の方まで楽しめる内容かと思います。
野山の歩き方や、野の植物を染める時と染料で染める時の、作業工程のちょっとしたコツも書いてあります。

・先媒染、後媒染の色の違いは?
・生地によって染まり具合はどう違う?
などの、ちょっとした「?」のヒントも。

20170516180021427.jpg
行程が写真で紹介されているので、わかりやすい!と、感想を戴きました。

・身近な草花、野の植物たち
セイタカアワダチソウ、ヒメジョオン、ドクダミ、よもぎ、クサギ、ビワの葉、ツワブキ、栗のイガ、桜の落ち葉、桜の枝、梅の枝、フジの枝葉、バラの花びら染めなど

・台所で手に入るもの
ターメリック、クローブ、ローズマリー、タマネギの皮、飲み残しの赤ワイン、コーヒー&紅茶&緑茶のだしがらなど

・染料
西洋茜、紫根、コチニール、蘇芳、ログウッド、紅花、インド藍粉末、たで藍乾燥葉、インド藍乾燥葉

全て、行程と染め色が写真で紹介されています。

201705162107388f4.jpg
撮影で印象に残っているのは、バラの花びら染め。
国営越後丘陵公園さんから、たくさんの新鮮なバラを戴き、贅沢に染めました。

IMG_3143.jpg

全国の書店、amazonなどのネット販売店で購入できます!

https://www.amazon.co.jp/%E8%8D%89%E6%9C%A8%E6%9F%93%E3%82%81%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3%E5%B8%96-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E9%BA%BB%E9%99%BD/dp/4834744019

スポンサーサイト

Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kurrambon.blog.fc2.com/tb.php/203-1a8ebdaa
該当の記事は見つかりませんでした。