草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

藍染め体験教室の様子・9月にも開催します

好評をいただいている藍染め体験教室。
9月6日に、もういちど開催することに決めました。
【14:30〜16:30】費用¥5,800(ストール代金込みになります)

参加ご希望のかたは
kurrambon@gmail.com
まで、お問い合わせ・お申し込みをお待ちしています。

DSC03415.jpg

さて、夏も折り返し地点でしょうか。
だんだんと秋の気配がただよい始めました。

真夏の藍染め体験教室も折り返し地点です。
8月2日・9日の教室の様子をご紹介しますね。

DSC03393.jpg
2日は、藍を建てるところから体験していただきました。
*藍を建てる・・・藍を染色可能な状態にすることを「建てる」と言います。
家を建てるように手がかかるから、とも言われていますが、それは伝統的な天然灰汁建て法のお話。
少しだけ化学薬品の力を借りますと、暑い季節では30分ほどで藍を建てることができます。

最初はさらさらとした水面だったのが、藍の菌が活発になるにつれぎらぎらとした油膜のようなものが現れます。
続いて、「藍の華」と呼ばれる泡が現れ、液の色も変化してゆく・・・。
奥深い藍の世界に魅了されます。

DSC03398.jpg

藍の液は表面は濃紫色がかった群青で、中は黄色いのです。
布もはじめは黄色に染まります。
それを空気にさらすことで次第に黄緑色に、そしてエメラルドグリーンに。

DSC03402.jpg
そして、美しい藍の色。

DSC03403.jpg
涼を呼ぶ青の世界です。

DSC03407.jpg
個性的な作品たちが染め上がりました。
染め上がる度に「きれい!」「すごくいい!」と歓声があがります。

DSC03449.jpg
9日は「空色染め」でした。
沖縄の海みたい!妖精の羽の色みたい。
やわらかな、やさしい色合いです。

6月の「えんじゅの蕾染め」で黄色に染めた作品を重ね染めて黄緑色に染めた方も・・・。
豊かな色彩でした。

参加いただいた方からのリクエストもあって、この日に工房にいらっしゃった方達で、ささやかな「夏祭り」を開催しました。
みなさんでお酒やお菓子などを持ち寄り、のんびりおしゃべり。
私、佐藤はパエリアを炊いてみましたが幸い好評でした。(よかったです)

初めての方も、いつもお越しくださるかたも、のんびり楽しくお過ごしでした。
草木染めを通じて集まる方達の、通い合う空気があるのかしらと思います。
何より、私が一番楽しませていただいたと思います。
本当に、ありがとうございました。

今回はブログ等でお知らせしませんでしたが、また、こんなひとときを持てたらなと思っています。


もうひとつ、この夏うれしかったことが。
草木染め教室を始めて最初の夏、うれしい暑中御見舞いをいただきました。
毎回楽しみにお越しくださる方から、金魚すくいの「ぽい」に書かれたメッセージ。
とっても小粋でかわいらしかったです。

DSC03164.jpg

写真は江ノ島の海。
江ノ島も裏にまわると「離島の海」の感じがします。

草木染め工房くらむぼんより、残暑御見舞いを申し上げます。

* * *

9月の体験教室について。

9月6日 藍染め
 13日 マリーゴールド染め
 20日 蘇芳染め
 27日 ミントorよもぎ染め(植物の生育状態によって変更の可能性有り)

13日以降は13:00〜16:00の開催です。
お問い合わせ・お申し込みは
kurrambon@gmail.com

まで、お待ちしています。

スポンサーサイト
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

染料のお話 〜蘇芳・すおう〜

さて、今日は久しぶりに染料のお話です。

くらむぼんの、草木染め体験教室でも人気なのが「蘇芳・すおう」の紅色です。
リクエストを戴いたので、今回のブログでは、この蘇芳についてのお話をしますね。

DSC02621.jpg

蘇芳は東南アジアに自生するマメ科の植物です。
仏教と共にシルクロードを渡り、薬としてはるばる日本にやってきました。

切り傷に効果があるとされ、切り落とした身体の一部も蘇芳をまぶしておけば治った!という言い伝えまでありますが、それは蘇芳の持つ色からの発想だったのかもしれません。

もともとは蘇芳色とは血の色をさす言葉でもありました。
それほどに深い紅色が抽出できるのです。

DSC02484.jpg

生薬としての名を蘇木(そぼく)といい、
鎮痛、抗炎症薬、月経障害を緩和させる効果があります。

現在では、女性ホルモンを安定させる効果があるといわれており、
煮出していると、とてもリラックスできます。

身体をあたためてくれ、緊張した心を解きほぐしてもくれるように思います。
以前、蘇芳のストールを購入された方から「眠る時に傍に置いておくと、とてもよく眠れる」という感想をいただきました。
「肩こりがよくなった」という方もいて、これは蘇芳の身体をあたためてくれる効果・リラックスの効果ではないかしら、と私は思っています。

何より、華やかな澄んだ色は、ぱっ!と心に響きます。

DSC03147.jpg

染料としては樹木の芯の部分を煮出して使います。
煮出す中に蘇芳の色と成分が溶けてしみ出すのを、染め上げてゆきます。

染めている最中の蒸気さえありがたい!と、いつもみなさんから歓声があがるのも、蘇芳染め・草木染めの楽しいところです。

DSC02845.jpg

DSC03015.jpg

草木染め工房くらむぼんでは、土曜日(不定休あり)に草木染めの体験教室を行っています。
初心者のかたでも簡単に染められますよ。
鎌倉の谷戸の自然を感じながら、のんびり楽しんでください。

お借りしている工房からすぐの「ちいさな森」の緑も美しいです。
指先から、気配から、「植物のちから」を感じていただく一日になればと思います。

お問い合わせ・お申し込みは
kurrambon@gmail.com

まで、お待ちしています。

草木染め教室の様子はこちら

教室の詳細はこちら

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。