草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

おひなさま&フリーランス交流会

カラーコンサルタントの三浦まゆみさんのお誘いで、
今日は横浜でのフリーランス女子ランチ会に参加してきました。

皆さん、魅力あふれるすばらしい女性たちで、とってもパワーをいただきました!
「ひなまつり」コンセプトのランチ&カフェタイム。
女性の細やかさ、繊細さ、おひなさまを愛しむ感受性のやわらかさ。
女性として生きるこのと楽しさ、パワフルさを十二分に満喫した会でした。

最後は草木染めのストールをみんなでまとって記念撮影し(ていただき)ました。
皆さん、草木の色を楽しんでくださって笑いの絶えない撮影タイム。
草木染めにも鮮やかなカラーバリエーションがあることを驚かれました。



草木染め色見本


3月1日は葉山・カフェバレンシアさんでの特別イベントです。
満席御礼となりました。ありがとうございます。

春より、鎌倉・常盤で草木染め体験教室を始めます。
そちらの詳細告知は、後日いたしますね。

色を通じて、みなさんに豊かな時間を過ごしていただけますように!


スポンサーサイト
Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

蘇芳染め

リネン生地を蘇芳で染めました。

DSC02484.jpg

リネンのざっくりした雰囲気に、紅が映えます。

平安時代、王朝貴族を夢中にさせたという、この赤色。
蘇芳は、もともとは生薬として日本に伝わった薬効あらたかな染料です。
切り傷に効果があるとされ、切り落とした身体の一部も蘇芳をまぶしておけば治った!という言い伝えまであります。
それはさすがに大袈裟すぎる話ですが、貴重な鮮烈な赤色に、当時の人々が強い思いを馳せたことを想像せずにいられません。
鮮やかな色が貴重だった時代のお話し。


さて、この蘇芳。
現在では、女性ホルモンを安定させる効果があるといわれており、
煮出していると(私は)とてもリラックスできます。


最近では里山の植物を採集して染めることが多かったので、はっきりした色味の染料を使った染めはひさしぶりでした。
落ち着いた色味を身に着ける時の、やわらかな気分も好きですし
華やかな色を観ている気分も、心楽しいです。


DSC02473.jpg

そして、雪で到着の遅れていたシルク生地。
シルクの輝きが新雪のよう。

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

月桂樹染めストール

月桂樹染めと、梅の樹染めです。
どちらも、鎌倉の枝葉を使っての染めです。
(写真上の飾りの枝は、シナモンです・・・これも鎌倉のもの)

DSC02505.jpg

インターネット販売サイトのiichi上で、オーダーリクエストいただいた月桂樹染め。

DSC02483.jpg

煮出している間、ハーブの香りが満ちて、しあわせな気持ちでした。
心が落ち着く香りです。

染め上がると、植物の香りは薄らぎ消えてゆきますが、目に見えない「気配」のようなものになって
身にまとう人を護ってくれるように思います。


こちらの生地は手織りのシルクウール地で、肌馴染みがよいもの。
大判ですのでさらりと羽織れます。

iichi掲載ページは、こちら。


Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

鎌倉・梅染めワークショップ、終了しました。& 新企画の打ち合わせ


今日のワークショップは、前回に引き続いてリピーター参加のかた、なんと栃木から参加くださったかたもいて、もう本当にうれしく、ありがたい時間を過ごさせていただきました。

ちょうど紅梅の咲く季節、kamakura 24sekkiさんの裏庭にあった紅梅の樹で染めた色は、匂い立つような『春待ち色』に染まりました。
あんまりきれいな薄紅色が現れたので、鉄媒染で染めると決めていたかたも思わず「みょうばん媒染にします!」と言ってしまったほど。

事情で切り倒した梅の樹でしたが、横浜から参加くださった24sekkiさんの常連さんが「あの紅梅が好きだったから、うれしかったです」と、おっしゃっていて。
今日の染色を通して、あの梅の精が現れたのかなあ、なんて思ってしまいました。

1422485_825136640834200_2134179381_n.jpg


kamakura24sekkiさんの美味しいシナモンロールとあたたかい飲み物。
ウッディーなお店の作りに、外に広がる鎌倉の自然の景色。
とても贅沢なワークショップで、みなさん、本当にぴかぴかの笑顔でした!

当日の様子は、こちら




さて、翌日は新企画の打ち合わせに羽田、穴守稲荷の隠れ家カフェ・haccoさんへ。

140217_1548~01

ここで3月29日、お子さんとお母さんのためのスペシャルイベントを行います!

カラーリストの三浦まゆみさん、写真家inu*maruさんとの元気&happy企画第二弾です。
人生を豊かにする、パーソナルカラー診断(草木染めカラーver.!)& それぞれの似合う色をまとってのsmile photo撮影。
(inu*maruさんは「ぎこちない」笑顔じゃない「自然にあふれる」笑顔を撮れるスーパーカメラマンなのです。)

イベント詳細はまた後日・・・。


haccoオーナーのchiakiさんもとっても素敵なかたで、彼女のセンスの光る癒し空間でいただいたランチが絶品でした。
打ち合わせの為、お休みの日にお店を開けていただき、本当にありがとうございました。

140217_1545~02


140217_1545~01


140217_1346~01

haccoさんの素敵空間&今回の打ち合わせについて、三浦まゆみさんがブログに書いていらっしゃいます。
記事はこちら

お話ししながら、あらためて思ったことは
「人の心をほぐす、そっと心をあたためる、そんなお手伝いを草木染めを通じて出来たら」ということです。

さまざまな出逢いとご縁を通じて、たくさんのかたに「元気」と「やすらぎ」を受け取っていただけたらな、、、と考えています。

haccoさん HPはこちら


Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

special event 『Happy Life with COLOR』

この春、パワフル・スペシャル・ハッピー企画に参加させていただきます!

「大切な子とアナタを元気にする色・似合う色♪」
Happy Life with COLOR

パーソナルカラー診断 & 草木染めからナチュラルパワー
& ハッピーカラーで撮影会


hlwc.jpg


色のスペシャリストであるカラーコンサルタントの三浦まゆみさんの「パーソナルカラー診断」と、愛情深い眼差しの写真を撮り続けているフォトグラファーinu*maruさんによる撮影会、そして染色家・佐藤麻陽の草木染めの持つ魅力をご案内させていただく特別コラボ企画になります。

140211_5.jpg


愛犬家さん、必見。
今回は、わんちゃん&飼い主さんの「パーソナルカラー診断」
似合う色をまとっての、わんちゃん&飼い主さんの「ハッピーフォト撮影」
愛犬とおそろいの「草木染めストールの特別受注会」
の三本立て企画です。

140211_6.jpg

※こちらの写真に写っているものは工房くらむぼんの商品ではありません*

「色」の不思議な力を楽しむ今回のイベントですが、
このブログでは、草木染めからのアプローチでご案内させていただきます。

DSC01689.jpg


元来、草木染めは特別なものではなく、家族の健康を祈って一家の女性たちが紡いだ糸を染め、衣に仕立ててきた「暮らしの一部」でした。

大切なひとの笑顔を見たくて、心をこめて手を動かしたのです。
そのようにして作られたものを身に着けて、人はごく自然に想いの優しさ、心の豊かさに触れ、生き、心を育まれてきたのではないでしょうか。

現代ではたくさんの物、色、情報に囲まれていますが、
「感じる」「想う」ということから、少し遠ざかってきてしまっているように感じることはありませんか?

「色」とは光の波長であり、それぞれが固有の振動を持っています。
つまり「感じるもの」なのです。
今回の企画では色から「想い」を感じること、あなたの大切な存在に「想い」を届けることで、みんなで元気に!happyになってもらいたい、と思っています。


化学染めは豊かな色彩を生み出してくれましたが、
もともと人間が親しんできたのは「草木」の色でした。

草木染めで、古来からの自然の色を「感じる」。
心の原点に還って、色からよろこびを感じてみませんか?

DSC01737.jpg


「大切な子とアナタを元気にする色・似合う色♪」
Happy Life with COLOR

<日時> 2014.3.1(土)11:00-14:00

<場所> カフェバレンシア ADD:葉山町下山口1691-1 
     TEL046-876-1261 (Pあり)
    
詳細はこちらのページから、ごらんください。


Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

ものをつくること

めずらしく上京です。
生地仕入れの帰りに、池袋の自由学園で行われたCCJクラフト見本市2014を覗いてきました。

http://www.craftcenterjapan.jp/2014/

木工、陶器、ガラス、彫金、皮細工、染織、地域活性デザインなどなど。
すっきり一本すじの通ったクラフト市で、規模は大きくはないのかもしれませんが、ひとつひとつの見応え、完成度がすばらしかったです。

思えば、出展側でないクラフト市は初めてだったので、とても落ち着いて廻ることができました。(そりゃそうだ)
いつも自分のブースを気にしいしいですから、作家さんとのお話しをゆっくりすることは難しかったので。

DSC02414.jpg


真面目に手仕事をしているひとの顔を見るのが、声を聞くのが、私は大好きです。
クラフト市に店を出していても、どうしても気になる作家さんには声をかけずにいられず、話を聞くうち心が満ちてゆくのを感じる。
魅力的な音楽家のライブを聴くのと同じだと思います。
いかに生きるのか、どう生きてきたのか、が伝わってくるのだと思います。

だから、よい手仕事の作品は多くの人の心を感じさせるのかもしれません。

ものをつくることができるのは、ありがたい、しあわせなことだよなあと日々思う。

目に見えない何かで、実際に会うことはないかもしれないがひとつの大切な人生を歩んでいるあなたへちいさなエールを送ること。
心をほんのりあたためるものを作ってゆこうと、あらためて思います。

Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

森のたからもの

まるで春のような、あたたかな日が続いています。
「ちいさな森」に入って、冬うららの光を楽しんできました。

DSC02072.jpg

冬の展示でご一緒させていただいた森の案内人・野村美佐さんと逗子の森を歩いた時、染色用にたくさんの植物を採集しました。
その時、山桜の枝を拾ったのです。台風で飛んできた枝たち。
風で折れた枝たちが森にはたくさん落ちているのだと、その時、あらためて気がつかされました。
いつも、摘んだり刈ったりさせていただいてきたのですが、拾う、ということ。
森は宝物でいっぱいなのでした。

DSC02191.jpg

今回拾ったのは、杉の枝葉。
杉の枝はとげとげとして痛いのですが、煮出してあげると、ほんわりやわらかくなります。
なんだか人がお風呂や温泉に入った時のようで、ほほえましい。

DSC02176.jpg

そして、もうひとつの宝物。
ふきのとう。
おおざっぱに刻んで、お醤油をまぶして食べます。
摘みたてのふきのとうは灰汁抜きしなくても、美味しい。
ご飯にもお酒にも最高の春の恵みです!


*  *  *  *  *

2月16日に行う、草木染め教室at kamakura 24sekki
 〜鎌倉の梅でシルクショールを染める〜
残席1名様となっております。
お申し込みはお早めに、

kamakura 24sekkiの店頭 または
お電話:0467-81-5004
メール:kamakura24sekki@smail.plala.or.jp 

までお願い申し上げます。

*  *  *  *  *

草木染め工房くらむぼんの天然素材ショール&ストールは、インターネット販売もしています。
肌触りの心地よいシルクウール素材は、職人さん手織りのもの。

ショップページは、こちらから。

植物たちの深みのある穏やかな色合いは、心を静かに満たしてくれます。

Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。