草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

春の野の味、野の色〜15日から18日まで工房はお休みです〜

20170214180926ea7.jpg
写真は桜染めです。
このところ更新が滞っておりましたが、元気に染めております。

野山も歩いております。
ふきのとうが盛りを迎えようとしていました。
20170214180924883.jpg

今年は当たり年のように感じます。
フキ味噌、てんぷら、ふきのとうの醤油まぶし…切ってお醤油を垂らしただけなのですが、採れたての硬い蕾なら灰汁も気にならずとても美味しい春の味になります。

ほかには、ノビル、芹、菜の花など。
春の野原をまるごと、豆乳のキッシュを焼いてみました。
20170214180923478.jpg

うきうきと野の味を堪能しています。

さて、そんな折、「春らしい色のおまかせ」というオーダーを戴きました。
考えに考えた結果、桜染めを2種類。
やっぱり、桜は特別な染めです。

梅染めに比べて薄紅色を引き出すのが難しく、大変集中をさせられる染めですが、その分、丁寧に向き合えた心地よさが残ります。

20170214180926e0c.jpg
片方は、やわらかなグラデーションに仕上げました。

鎌倉の桜の枝から染めた春待ち色。
あたたかな希望の色です。

明日15日から18日まで、工房はお休みを戴きます。
お問い合わせなどの返信は19日以降となりますことをご了承ください。

19日の藍乾燥葉染めは満席ですが、
24日(金)13:00〜の草木染めワークショップはまだまだ残席ございます。

2/24(金)ログウッド+刈安・2色染め@kamakura24sekki
13:00~15:30
ログウッドの紫色と刈安の黄色を楽しみます。
単色で染めても、二色の染め分けを楽しんでも。
会場:kamakura 24sekki(鎌倉駅西口徒歩20分)
費用¥3800+素材代金+カフェオーダー
201612051240118ee.jpg
kariyasu.jpg

お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com
もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

スポンサーサイト
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

秋の宝物たち

IMG_3140.jpg
今日の鎌倉は午後から雨の予報でした。
なので、午前中から、「ちいさな森」に入って染料を採集してきました。

IMG_3141.jpg
今日は、いつもよりもちょっと奥まで歩いてみることに。
木陰から、ちらりちらりと、秋が覗きます。

黄色の染料となるセイタカアワダチソウの生育具合を見に来たのに、ヤマイモのムカゴのつるを発見して、そちらのほうに一生懸命になってしまいました。

セイタカアワダチソウは、ブタクサと間違われることが多いですが、浄毒作用の高い植物です。
北米では【金色の鞭】と呼ばれて、お花屋さんなどで売られているそうです。
確かに、よく見ると、とても華やかで美しい植物です。

IMG_3143.jpg
こういうものが宝物になる生活。

染色を始めたころ、東京の六義園で、地元の子供たちと一緒に桜の落ち葉を拾い拾い歩いた事など思い出されました。
桜の落ち葉染めは、美しい赤色の落葉でないと、きれいに染まりません。

普段、色を染めるのに、生きている植物の花や葉っぱを摘み取ります。
ごめんね、ありがとう、きれいに染めるからね、と言いながら。
桜の落ち葉は、ごめんねを言わなくてもいい。ありがとう、だけでいいのが、うれしい。

植物たちの色を楽しむ暮らしは、季節と共にあたたかくあります。

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。