草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

蓮染め

20170901155409bd6.jpg
ご依頼を戴き、蓮で染める実験をしました。

花びらと、おしべの2種類。
写真は、おしべの熱煎、みょうばん媒染です。
意外な色が導かれて、感動しました。

20170906185844226.jpg
上が花びら染め。オレンジベージュ系のやさしいピンク。
下がおしべ染めです。薄紅色がきれいです。

20170901155509b8f.jpg
花びらは冷凍で送ってくださいました。
クエン酸を助剤にした花びら染めですので、あまり堅牢度はよくないと思います。

でも、本当によい香りで、染液も鮮やかになり、見た目も楽しい染めです。
今回、私はクエン酸を加えた湯を使い、20分ほどの熱煎で液を取ってみましたが、クエン酸水とほとんど変わらない鮮やかな色が抽出できました。

花びら染めに高温はタブーだと思い込んでいたので、びっくり。
他の花びらではどうでしょうか。

201709011555103a8.jpg
おしべ(冷凍)も素晴らしい香りです。
ベトナムではお茶に混ぜて飲むそうですね。

20170901155407c79.jpg
おしべでは最初、黄色の液が取れました。

不思議なもので、たまに、作業中にカンが働くことがあります。
普段しないような手間をかけてみたり、ちょっとした工夫を加えてみたり。

そうしたら、蓮の花のような薄紅色の液が取れました。
蓮の花に導かれたようで、とてもうれしく思いました。

20170901155411c80.jpg
雑味の少ない、極上の薄紅色です。

これは、一枚目の写真の残液で染めたもの。
薄くなっても色が濁らない、なんとも蓮の花らしい高貴さの漂う色です。
香りもやさしく残りました。


今日は午後から、桜染めのワークショップです。
20170816125506b56.jpg
左がみょうばん媒染・右が鉄媒染です。(ワークショップでは、みょうばん媒染のみ)

水が変わると色も変化しますので、かならず薄紅色が現れるとは限りません。
桜染めは繊細で難しい染めですが、どう染めても、やはり高貴な、上品な色が染まります。


次回の桜染めワークショップは
9/21(木)13時〜15時@燕カフェ/鎌倉

参加費は¥3500(てぬぐい代金込み)+ご参加時にカフェオーダーをお願い致します。
+¥1500~で手織りショールのご用意もできます。

・燕カフェ:鎌倉駅東口より徒歩10分
ほっこりあたたかな古民家カフェ
丁寧に作ってくれるごはんやスイーツが美味しいです。
神奈川県鎌倉市小町3-2-27
https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

* * *


お問い合わせ、お申し込みは

kurrambon@gmail.com



もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。

http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact



〜ご注意ください!〜

ワークショップへのお申し込みの際、softbankなどの携帯端末のメールアドレスをお使いの場合、工房からの返信メールが届かないことが(頻繁に)あります。


24時間経っても返信メールが届かない場合は、別のアドレスにてお問い合わせいただくか、FBページのメッセージをご利用ください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

スポンサーサイト
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

桜染め 桜色のコツ?

20161111112633f12.jpg
12月の冬の展示会に向けて、シルクストール、ウールストールなどを染めています。
こちらはシルクの大判ショール。
いかにも桜らしい、素敵な色が現れてくれました。

「桜色に染めるコツ」ですが、*弱アルカリ性の溶液にすること *じっくり煮出すこと
の二つです。
(煮出した後に、数日置いておくのも有効です)

20161106123512c1b.jpg
こちらが、普通に煮出している時の色。

20161106123512381.jpg
お湯に重曹を溶かすと、赤みを帯びます。
入れ過ぎてしまうと、褐色というか、にごった赤になります。
また、布にもダメージを与えてしまうので、気をつけて加減してください。

冬〜春の間に、桜染めのワークショップを開催できたら、、、と考えています。
また、ブログでお知らせしますね。

2016111111263126d.jpg
現在、草木染めの本を撮影中なのですが、どうしても「桜の落ち葉染め」を入れたくて、近所の桜の紅葉に気を揉んでいます。

不思議と、鎌倉の桜はあまり色づかないようです。
先日、横須賀カルチャーセンターでの講義の際、いらした方に「湘南地方は温暖なので、桜は紅葉せずに葉を落としてしまうんですよ」と教わりました。
横須賀出身の友人も「桜って紅葉するの?」と。
桜の種類の問題なのか、ちょっとの距離で植物のありかたが随分変化するのか、どちらなのでしょう。

ともあれ、先日、東京へ仕入れに出たついでに代々木公園の桜を見に行ってきました。

20161111112630818.jpg
あっ!赤い、赤い。
地面を見ながら、きれいな落ち葉を選って拾い拾い歩きます。

201611111126333f3.jpg
大きい紙袋いっぱいに採ることができました。
落ち葉いっぱいの紙袋を、意気揚々と持って帰ってきたのですが、ちょっと狐に化かされた人みたい。

今日はこれから野の草染めのワークショップです。
今月の草木染めの日程は、11/13ログウッド染め残席1名さま満席になりました)
11/23栗いが染め残席余裕あります満席になりました)
となっております。
11/26 & 27日のワークショップは満席になっております。
27日は一名さまお席がございます。

11/13&23 13:00〜15:00
会場:燕カフェ 鎌倉駅東口 徒歩8分
費用:¥3500(手ぬぐい代金込み)+カフェオーダー
シルクショールご希望の場合は + ¥1500~

お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

ソフトバンクなどの携帯電話からのお申し込みの際、返信メールが届かず返ってきてしまうことがあります。
そういう場合はメールフォームから返信しております。
迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあるので、ご確認くださいませ。

また、お手数ですがPCメールが届く設定にして戴きますようお願い致します。

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

桜染め 薄紅の色

20161106123510952.jpg
桜の剪定枝を選別して、赤みのある枝と枯れ枝とに分けました。
赤みのある枝のほうが薄紅が出やすいと聞きますが、本当かな?枯れ枝には色が無いのかな?
と気になって、染め比べてみることにしました。

201611061235113bc.jpg
結果。
やはり赤みのある枝のほうが、より薄紅が出やすいようです。(一番左)
かと言って、枯れ枝に全く色が無いかというと、そんなことはありませんでした。(真ん中、右)
淡いですが、やさしい、桜らしい色は健在で、特に鉄媒染にすると艶やかな薄墨色が。
なんて、たおやかな色なんだろう。
薄墨桜の散り際の色は、このような色かしら?と想像してしまいました。

枯れ枝だからと捨ててしまうのは、ちょっともったいないかもしれません。

さて、次回は、桜の枝から薄紅色を出しやすい方法を書きます。
今日はこれからkamakura 24sekkiさんで野の草染めのワークショップです。
よい色に出会えますように、、、。

0001 (11)
11/11(金)は、まだ空きがございます。
画像の時間、間違えています。(すみません)
正しくは13:00〜15:00となります。

鎌倉・燕カフェ 草木染めワークショップは
11/13(日)ログウッド紫染め
11/23(水祝)栗いが染め
11/27(日)蘇芳染め

13:00〜15:00
会場:燕カフェ 鎌倉駅東口 徒歩8分
費用:¥3500(手ぬぐい代金込み)+カフェオーダー
シルクショールご希望の場合は + ¥1500~

お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

刈安とコブナグサ 〜草木染めつれづれ〜


20161019145614f39.jpg
いかにも秋らしい染色のひとつ、刈安(かりやす)。
古くから人々に親しまれた色で、一般に刈安というとイネ科のススキ属のものを指します。
ススキと違って葉っぱにギザギザが無く、刈り取りやすいから刈安とも言われています。

近江刈安とも呼ばれるのは、近江の伊吹山に生える刈安が特に上等とされるからでしょうか。
下草の多い伊吹山で、夏の間にいっぱいの太陽光を浴びて、その葉に色素をたくわえているため特に色が濃いと言われています。
もともと、かなり鮮やかな色素を持っている植物で、染めると輝くような黄色が現れ、布の重量の半量でしっかりと染め付きます。
20161019150537bfc.jpg
昨日は横須賀カルチャーセンターでの連続講座の2回目でした。
今回の講座では、みょうばんで先媒染した後で薄く鉄媒染をかけあわせたところ、秋の入り日のような穏やかな色味になりました。
20161019150434d61.jpg
そして、同じ刈安と呼ばれる植物がいます。
八丈刈安と呼ばれるコブナグサは、イネ科コブナグサ属のかわいらしい草。
黄八丈の黄色を染め出す染料として八丈島では栽培がされていますが、なんと、うちの近所にコブナグサの群生がありました!
ミニチュア版のススキといった感じで穂は小さく、赤紫がかったような色も混じって、そのかわいらしいこと。
さっそく少量を分けていただきましたが、バケツに生け込んでいてもかわいらしい。

20161019150515c42.jpg

201610191456123f1.jpg
煮出している間の黄金色を見ていると、うっとりとして、まるで夕映えの野原に降り立ったかのよう。
近江刈安と比べて、少し青みがかっています。
わずかに青みの浮かぶ、つややかな黄色に染め上がりました。
美しい色で、写真を何度撮り直しても、本当のコブナグサの色を写す事ができません。
でも、それでよいのかもしれませんね。

20161019145549974.jpg
右側がコブナグサ 左側が刈安

20161019145633bb5.jpg
今週の草木染めワークショップは
10/21(金) 13:00〜15:30
野の草染め 近くの野原に入り、その時に採集できる植物で染めます。
会場:kamakura 24sekki (鎌倉駅西口 徒歩20分 もしくは市役所前からバス5分)
費用:¥3800+素材費+ドリンクオーダー
シルクショール ¥1500~

10月22日(土) 13:00~ 15:30
栗いが染め マロンベージュ or グレー
会場:鎌倉 工房チェラミカスプーモ/kamakura24sekki隣(鎌倉駅西口 徒歩20分 もしくは市役所前からバス5分)
費用:¥5800(手織りシルクショール代金込み)

アクセス:kamakura24sekki
http://24sekki.p1.bindsite.jp/access.html

お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com
もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

森と生きる、くさぎ染め

DSC01693.jpg
晩秋のある日。
青い宝石、くさぎの実を摘みに森に入りました。

DSC03747.jpg
深い森の中にいるシダ植物。
湿度をはらんだ土の香りは、心を落ち着けてくれます。

DSC03741.jpg
川の源流です。
静かな森の中に響く鳥の声と葉ずれ、そして水の音。

DSC03739.jpg
背の高いくさぎの樹。
去年から見当をつけておいて、また今年も実を摘み取らせてもらいます。
ありがとう。この秋を楽しみに待っていました。

DSC01646.jpg
倒木をおおう苔類たち。
ゆっくり、森を後にします。

DSC01688.jpg
くさぎの実は、ターコイズの玉のような実です。
草木染めをやるものにとって、憧れであり、本当に「たからもの」です。

今年はほんの少ししか採集できませんでしたが、それが自然。
思い通りにならないことが当然であることを自然は教えてくれます。

DSC01685.jpg
煮出して漉すと、このような青い色水が取れます。
これを何遍も何遍もくり返し、色が出なくなるまで続けます。
全部混ぜると、淡いターコイズ色の染液になりました。

あらかじめみょうばんで媒染しておいた布を浸します。
ぬるい温度の染液に浸して、手でゆらゆら揉み込みます。

DSC03793.jpg


DSC03794.jpg

染め終わった液を見ると、ターコイズ色だけが布に移ったことが分かります。

DSC03810.jpg

淡い、水の色。空の色。
妖精の羽の色みたい。
氷河の奥の奥に咲く、物語の中の花の色みたい。

DSC03801.jpg

DSC03807.jpg

清らかで、神秘的な色。
一年で、たった一度だけ染められる、美しい色。



Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。