草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

知多半島の桜染め

知多半島の桜で染めました。
20180316-2.jpg

夫の実家が知多半島にあるのですが、事情で桜の木を切り倒すことになりました。
こういう仕事をしているので、伐採された樹木を戴くことは多いのですが、根っこから切り倒すのに立ち会ったのは初めてのこと。

胸のひりひりする想いと、申し訳なさと、季節を楽しませてくれたことの感謝を、色に写し取らせてもらいました。

20180316-3.jpg

桜を煮出した液は、染める前と染めた後ではここまで色が変わります。
20180316-4.jpg

(奥:染める前・手前:染めた後)
しっかりと桜の色素が、布に移ったことが分かります。

20180317-2.jpg
桜の息吹、存在そのものが布に宿ったように思え、いとおしく感じます。

20180317.jpg

201803174.jpg
(桜とインド藍乾燥葉を合わせて)

桜の色は、ほんのりとしているのに深い存在感があります。
また春が巡って来たこと、穏やかに迎えることができたことをうれしく思います。


3月の桜染めは満席になっていますが、また4月にも開催予定です。
日程など、決まりましたらご案内致します。

スポンサーサイト
Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

のんびり過ごす日

20171206130632398.jpg
11月はイベントも多く、展示の搬入もあったりと、忙しく過ごしていました。
そんな中でも、燕カフェさんでのワークショップはのんびりしたひとときを過ごさせてもらいました。
これは、刈安染め。
いちょうの葉っぱのような、澄んだ、やや青みがかった黄色です。

201712061305246c4.jpg
なかなか野山に入れない日々を過ごしていたのですが、ある日ひょっこりお休みができたので、いそいそ野歩きに出かけました。
秋の色彩が目にまぶしい。

201712061305219f6.jpg
沢沿いに森の奥に向かって歩き、途中から沢を少し遡上します。

20171206130519b17.jpg
誰もいない河原に、ごろんと寝っころがって。
沢の音と、こずえの音とが混じり合って、なんともいえない贅沢なひとときです。

ここに来る途中で、日本茜を見つけました。
ほっそりした茎と葉っぱで、さわると、ほんの少しちくちくします。
とてもいたいけな風情で、特徴のある葉っぱをなでなでしてしまいました。

茜は根の部分で染めます。
枝葉や実をもらうのと違って、根っこを掘ったら絶えてしまうものですから、とてもまだ、私には野の茜の根を掘る気持ちにはなれません。
いつか、ここぞ!という時に、染めさせてください。
それまで、どうか元気で。

20171206130629749.jpg
家に帰って、野のものごはん。
焼き柿と生ハムにタンポポのサラダ(添えただけですが…)
ノビルを混ぜ込んだ卵サラダなど。

他に、沢沿いにいたミズ(ウワバミソウ)の実を分けてもらいました。
これは茹でで醤油漬けにします。
少しお芋っぽくって、さくさく、こりっとした歯ごたえと、トロッとしたぬめりのある、秋のごちそうです。

20171206130631f75.jpg
逗子教室のひとこま。
この日は逗子教室のオーナーさん宅の犬さんも参加。
ざくろの黄色、きれいな色だね。

* * *
 
ひょっこりとインスタグラムを始めてみました。
https://www.instagram.com/kurrambon/?hl=ja
草木染めのこと、野歩きのことなど、撮りためていた写真を少しずつ載せています。
よかったら覗いてみてください。

そして!
『森の贈り物展』開催中です。
23379647_1391105491012856_1944544557_o.jpg
23423543_1391105507679521_555315050_o.jpg

12/1〜12/24の金・土・日のみとなります。
どうぞ、足をお運びください。
http://kurrambon.blog.fc2.com/blog-entry-233.html

Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

桜染めでほっこり。

2017081612555772b.jpg
北鎌倉・台峰の桜の枝で染めました。

20170816125501a0a.jpg
本当は藍染めの記事を書こうと思っていたのですが、このところの雨で鎌倉は秋のように冷え込んでいます。
なので、あたたかな色が恋しくなってしまいました。

20170816125502ebd.jpg
これは桜の染液。
煮出すと黄色がかった液になることが多いですが、私は重曹を少量加えることで赤みを引き出しています。
これは更に二日寝かせた液です。

20170816125504513.jpg
鉄媒染にすると、深みを帯びた紫灰色に。
みょうばんは先媒染ですが、鉄は後媒染にした後で再び染液にくぐらせています。

20170816125504135.jpg
こちらが染める前の生地。
リネン100%で、かわいらしい刺繍が施されています。

20170816125506b56.jpg
秋を先取りしたような色になりました。

20170816125753321.jpg
ちょっと前に、切り通しを歩いてきました。
自宅から数分の距離なので、息抜きにしょっちゅう訪れます。

201708161257521e4.jpg
一日の終わりの光。
お夕飯、何にしようかなあ!と、身体を伸ばしてリフレッシュ。
野三つ葉を摘んで味噌で和えたり、ユキノシタを天ぷらにしたり。
天ぷらに合う野草は、他に芹やノビルなど。
野三つ葉は天ぷらにすると香りが飛んでしまうので、もっぱら味噌和えが我が家流です。

20170816125655115.jpg
今週の土曜日19日は燕カフェさんで藍染めです。
残席3名さまです。

201708161256529ac.jpg
今月のWSの予定は

8/19(土)13時~15時 @燕カフェ

8/24(木)13時~15時 @燕カフェ

8/27(日)13時~15時 @燕カフェ

8/31(木)13時~15時 @燕カフェ

参加費は¥3500(てぬぐい代金込み)になります。ご参加時にカフェオーダーをお願い致します。

+¥1500~で手織りショールのご用意もできます。
*少量ですがリネン生地(無地ショール・45×160cm)のご用意もできます!(参加費+¥2000)

・イベント詳細
https://www.facebook.com/events/1960015957621011/?context=create&previousaction=create&ref=42&sid_create=3446779396&action_history=[%7B%22surface%22%3A%22create_dialog%22%2C%22mechanism%22%3A%22page_create_dialog%22%2C%22extra_data%22%3A[]%7D]&has_source=1


お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

〜ご注意ください〜
ワークショップへのお申し込みの際、softbankなどの携帯端末のメールアドレスをお使いの場合、工房からの返信メールが届かないことが(頻繁に)あります。
24時間経っても返信メールが届かない場合は、別のアドレスにてお問い合わせいただくか、FBページのメッセージをご利用ください。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

北鎌倉の初夏〜 日下田正さんの綿と藍染め

IMG_4160.jpg
北鎌倉・東慶寺ギャラリーで行われている、『益子の藍染めと織り 日下田正展』に行ってきました。

ちょうど日下田さんご本人が在廊されており、ギャラリートークが開催されるとのこと。
漆芸家の三好かがりさんが教えてくださり、すばらしいタイミングで伺うことができました。

この東慶寺のギャラリー&ショップでは折々展示会が開催されており、はじめて三好さんにお会いしたのも、こちらの会場でした。
他、吉岡幸雄さんの展示や吉岡更紗さんのワークショップが行われたりと、とても魅力的なギャラリーです。

IMG_4159.jpg
トークの時間には展示会場いっぱいにお客さんが集まり、静かな熱気に包まれていました。
日本における綿繊維の登場と発展、藍が何故ジャパンブルーと呼ばれ、親しまれているかなど、興味深いお話をたくさん伺いました。
濃い色よりも薄い色(かめのぞき)こそが、難しいというお話も、心の中で何度もうなずきながら伺いました。


展示作品を撮影をしてもよいか、画像をブログでご紹介してよいか、無理を承知で日下田さんに訊ねると、なんと!からっと笑って快諾くださいました。
お言葉に甘えて、いくつかご紹介です。

IMG_4152.jpg
藍は綿や麻などの植物染料に染まりやすい性質を持ちますが、絹の発色では輝くようなブルーが現れます。

IMG_4154.jpg
藍の他にも、茜や山桃、コブナグサ、刈安などの天然染料を用いて染色をした後に紡ぐという技法で作られた織物たちが展示されていました。

日下田正さんは、江戸時代に創業された紺屋(こうや)に生まれた九代目。
和綿を種から育て、綿花を染めます。
ちょうど、畑に綿の種をまいてから鎌倉にいらっしゃったとのこと。
「このところの晴天で、今年の綿の生育もよさそうです」と、にこにこ仰っていました。

IMG_4157.jpg
貴重な茶綿と藍の色。
茶綿の自然の色が、藍と混じり合って、深みのある色合いが生まれます。

この、『益子の藍染めと織り 日下田正展』は、5/28(日)まで、開催されています。
ぜひ、間近で御覧になってください。

東慶寺ギャラリー&ショップ HP
http://tokeijigallery.petit.cc/

Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

蘇芳染め、いろいろ。

ようやく桜が見頃を迎えつつあります。
(週末以降が最高なのでは)

夕暮れ、鎌倉山の「さくら道」を散歩しつつ、菜の花やハナニラ、ムラサキハナナ、すみれなどと一緒にソメイヨシノや山桜を愛でてきました。

鎌倉山から梶原方面を眺めると、遠く台峰緑地まで見晴らせます。
常盤緑地や大仏ハイキングコースなど、緑深い谷戸にたなびくように桜が咲く様子は、胸が開けるようでした。

IMG_3769.jpg

201704061813016bd.jpg
今週末4月9日(日)の草木染め体験ワークショップは、桜色染め。
蘇芳(すおう・マメ科の樹木)で、春らしい薄紅色を染め出します。

4/9(日)蘇芳・桜色染め@kamakura24sekki
14:30~16:00 ¥3800(てぬぐい代金込み)+¥1500で手織りショールへ変更可能
*カフェオーダーをお願いしております。
会場:kamakura 24sekki(鎌倉駅西口徒歩20分)
マメ科の樹木蘇芳(すおう)で、きれいな薄紅色に染めます。

お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

IMG_3768.jpg
蘇芳は少量でも鮮やかに染まる貴重な染料で、媒染やpHによってさまざまな色を染めることができます。
先月の自宅教室では、重曹やクエン酸を加えたり、媒染を重ねたりと、いろいろ実験してみました。

IMG_3767.jpg
左が鉄媒染、下がみょうばん媒染、上がみょうばん+鉄媒染です。
まるで、お花のブーケのよう。
ひとつの染料から多彩な色彩を与えてくれるのが楽しく、美しく、染めているあいだ華やいだ気持ちになりました。

草木染めは、やっぱり楽しい!

201704061803348e1.jpg
長い冬が終わり、いよいよ春がやってきました。
森が新緑に彩られる様は、毎年眺めて飽きません。
鎌倉の「春」をご一緒しませんか?

4月のスケジュールは、下記URLをご参照ください。
http://kurrambon.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。