草木染め工房くらむぼん | 鎌倉の小さな谷戸で草木染め教室を行っています。植物から戴いた色で、心あたたかに。

7月の草木染め&藍染め体験のスケジュールです

7月のスケジュールのご案内です。
今月も平日開催が多くなっています。時間帯もさまざまですので、ご注意ください。

~えんじゅ染め/レモンイエロー~
7/2(日)13時~15時 @逗子教室

~藍 薄水色(かめのぞき)+青色 グラデーション染め~
7/3(月)10時~12時 @燕カフェ
7/5(水)10時~12時 @燕カフェ
7/14(金)13時~15時 @燕カフェ
7/15(土)13時~15時 @燕カフェ
7/17(日)10時~12時 @燕カフェ

~茜染め/グラデーション染め・薄紅~茜色
7/21(日)13時30分~15時30分 @燕カフェ
7/29(土)13時30分~15時30分 @燕カフェ

全日程、参加費は¥3500(てぬぐい代金込み)になります。
+¥1500~で手織りショールのご用意もできます。

お持ち込みは中級コースから、持ち込み重量は100g(藍染め)まで。100g以上は追加料金が必要になりますが、可能です。
お気軽にご相談ください。
草木染めは50gまでとさせて戴きます。

お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact


* * *

藍染めは、ごく薄い水色の『かめのぞき』と、インド藍らしいブルーの二段階の色調で青の世界を楽しみます。
unnamed-5.jpg

20150724190306a7b.jpg

20170609150027bfd.jpg

他には茜でグラデーションを染めます。
茜は浄血作用のある植物です。冷えやすい梅雨時期の体内バランスを整えませんか?
IMG_1080.jpg

suou1.jpg

逗子教室では、えんじゅ(マメ科のお花の蕾です)で、すっきりとしたレモンイエローを染めます。

IMG_20161112_070616.jpg

* * *
会場について
・逗子教室:JR逗子駅より徒歩15分
お申し込みの際に、詳しい住所をご案内致します。
駐車スペースは1台のみございます。

・燕カフェ:鎌倉駅東口より徒歩10分
ほっこりあたたかな古民家カフェ
丁寧に作ってくれるごはんやスイーツが美味しいです。
神奈川県鎌倉市小町3-2-27
https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

tubame.jpg
* * *

梅雨らしくない?お天気続きの毎日でしたが、ようやくしっとりとした、この季節らしいお天気になりました。
紫陽花も見事に咲き揃いはじめています。
散策がてら、草木染め体験に、ぜひ足をお運びください。

スポンサーサイト
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

梅仕事〜藍染めの初夏

20170609150110430.jpg
今年は、台峰の梅もぎをお手伝いさせてもらいました。
本当は梅雨入りしてから作業するのがよいのだそうですが、初夏らしい気持ちよいお天気の中の梅仕事。

20170609150024980.jpg
梅干しは自家製でないと美味しくないので、毎年せっせと漬けています。
今年は、梅醤油、梅シロップ、梅酵素。全部、この土地の恵みでまかなえました。
宝物のように光る梅。

20170609150027bfd.jpg
さて、藍染め!

20170609150027a70.jpg
5月末から始まった藍染め体験。
早速たくさんの方に参加いただき、個性豊かな作品たちが生まれています。

20170609150051aff.jpg
薄い水色と濃い青色との2色の藍を染め分けると、ぐんと色彩が華やかになります。

2017060915004737a.jpg
輪ゴムで簡単な模様を作って。

201706091500522c3.jpg
こちらは、なんとペットボトルで嵐絞りに挑戦。村雲絞り風です。

201706091500520d3.jpg
まだまだたくさんの作品があり、紹介しきれません。
夏の間は毎月、藍染めワークショップを開催致します。
今月は6/24(土)に追加開催致します!

6/24(土)の藍染め体験ワークショップの詳細はこちら



6/11(日)17(土)の草木染め体験ワークショップの詳細はこちら

17097757_1294095334005367_9137733363557317206_o.jpg

6/18(日)桜染め体験@逗子
IMG_3840.jpg
6/29(木)30(金)は蘇芳染め体験@鎌倉・燕カフェ
IMG_3769.jpg
6月のスケジュール詳細はこちら

全日程、参加費は¥3500(てぬぐい代金込み)+¥1500〜で手織りショールに変更可能です。

お問い合わせ、お申し込みは

kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

6月の草木染め&藍染め体験のスケジュールです。

6月の草木染め&藍染め体験のスケジュールです。
*6/24(土)10時〜藍染めワークショップを追加開催致します*(6/1 up!)

平日の開催がうれしい!というお声をいただいたので、6月は藍&草木染めの両方で平日の開催日を増やしました。

~藍 薄水色(かめのぞき)+青色 グラデーション染め~
6/3(土)13時~15時 @燕カフェ *満席になりました*
6/7(水)13時~15時 @燕カフェ
6/8(木)13時~15時 @燕カフェ
追加開催! 6/24(土)10時〜12時@燕カフェ

~ログウッド染め/グラデーション染め・藤色+深紫~
6/11(日)13時~15時 @燕カフェ
6/17(土)13時~15時 @燕カフェ

~桜染め・北鎌倉、台峰の桜/ベージュピンク~
6/18(日)13時~15時 @逗子教室

~蘇芳染め/グラデーション染め・薄紅色+ローズピンク~
6/29(木)10時~12時 @燕カフェ
6/30(金)10時~12時 @燕カフェ


全日程、参加費は¥3500(てぬぐい代金込み)になります。
+¥1500~で手織りショールのご用意もできます。

お持ち込みは中級コースから、持ち込み重量は50gまで。
50g以上は追加料金が必要な場合がございますが、可能です。お気軽にご相談ください。

*中級コースは体験教室を3回以上された方のみ受講可能です。
お問い合わせ、お申し込みは
kurrambon@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。
http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

* * *

藍染めは、ごく薄い水色の『かめのぞき』と、インド藍らしいブルーの二段階の色調で青の世界を楽しみます。
IMG_1636.jpg

20150724190306a369.jpg

他、蘇芳やログウッドでもグラデーションを染めます。
IMG_3769.jpg

17097757_1294095334005367_9137733363557317206_o.jpg
ひとつの染料で微妙な色彩を染め分け、まるで紫陽花のような無限のバリエーションに彩ります。

逗子教室では、北鎌倉の桜の枝を使った桜染め。
たおやかな桜の色を布に映しましょう。
20170214180926ea7.jpg

* * *
会場について
・逗子教室:JR逗子駅より徒歩15分
お申し込みの際に、詳しい住所をご案内致します。
駐車スペースは1台のみございます。

・燕カフェ:鎌倉駅東口より徒歩10分
ほっこりあたたかな古民家カフェ
丁寧に作ってくれるごはんやスイーツが美味しいです。
神奈川県鎌倉市小町3-2-27
https://kamakura-tsubamecafe.jimdo.com/

初夏らしい気持ちのよいお天気が続きますね。
6月に入ると鎌倉は紫陽花の季節です。名も無い路地にも、色とりどりの花が咲き乱れます。
鎌倉散策に、ぜひ足をお運びください。


6/3 藍染め体験FBイベントページはこちら

6/7&8 藍染め体験FBイベントページはこちら

* * *
先日、草木染めの書籍が発売されました。
『草木染めレッスン帖』
amazon販売ページはこちら
燕カフェさんにも少量在庫がございます。
お寄りの際は、ぜひお手に取って御覧ください。

Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

北鎌倉の初夏〜 日下田正さんの綿と藍染め

IMG_4160.jpg
北鎌倉・東慶寺ギャラリーで行われている、『益子の藍染めと織り 日下田正展』に行ってきました。

ちょうど日下田さんご本人が在廊されており、ギャラリートークが開催されるとのこと。
漆芸家の三好かがりさんが教えてくださり、すばらしいタイミングで伺うことができました。

この東慶寺のギャラリー&ショップでは折々展示会が開催されており、はじめて三好さんにお会いしたのも、こちらの会場でした。
他、吉岡幸雄さんの展示や吉岡更紗さんのワークショップが行われたりと、とても魅力的なギャラリーです。

IMG_4159.jpg
トークの時間には展示会場いっぱいにお客さんが集まり、静かな熱気に包まれていました。
日本における綿繊維の登場と発展、藍が何故ジャパンブルーと呼ばれ、親しまれているかなど、興味深いお話をたくさん伺いました。
濃い色よりも薄い色(かめのぞき)こそが、難しいというお話も、心の中で何度もうなずきながら伺いました。


展示作品を撮影をしてもよいか、画像をブログでご紹介してよいか、無理を承知で日下田さんに訊ねると、なんと!からっと笑って快諾くださいました。
お言葉に甘えて、いくつかご紹介です。

IMG_4152.jpg
藍は綿や麻などの植物染料に染まりやすい性質を持ちますが、絹の発色では輝くようなブルーが現れます。

IMG_4154.jpg
藍の他にも、茜や山桃、コブナグサ、刈安などの天然染料を用いて染色をした後に紡ぐという技法で作られた織物たちが展示されていました。

日下田正さんは、江戸時代に創業された紺屋(こうや)に生まれた九代目。
和綿を種から育て、綿花を染めます。
ちょうど、畑に綿の種をまいてから鎌倉にいらっしゃったとのこと。
「このところの晴天で、今年の綿の生育もよさそうです」と、にこにこ仰っていました。

IMG_4157.jpg
貴重な茶綿と藍の色。
茶綿の自然の色が、藍と混じり合って、深みのある色合いが生まれます。

この、『益子の藍染めと織り 日下田正展』は、5/28(日)まで、開催されています。
ぜひ、間近で御覧になってください。

東慶寺ギャラリー&ショップ HP
http://tokeijigallery.petit.cc/

Category : つれづれ
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback

『草木染めレッスン帖』佐藤麻陽 著 発売中です。

2017051618002072f.jpg
依頼を受けていた書籍が、ようやく発売になりました。

『草木染めレッスン帖 』佐藤麻陽(さとうまよお) 著
ブティック社 ¥1080

初心者の方から、いろいろな染料で染めてみたくなった中級者の方まで楽しめる内容かと思います。
野山の歩き方や、野の植物を染める時と染料で染める時の、作業工程のちょっとしたコツも書いてあります。

・先媒染、後媒染の色の違いは?
・生地によって染まり具合はどう違う?
などの、ちょっとした「?」のヒントも。

20170516180021427.jpg
行程が写真で紹介されているので、わかりやすい!と、感想を戴きました。

・身近な草花、野の植物たち
セイタカアワダチソウ、ヒメジョオン、ドクダミ、よもぎ、クサギ、ビワの葉、ツワブキ、栗のイガ、桜の落ち葉、桜の枝、梅の枝、フジの枝葉、バラの花びら染めなど

・台所で手に入るもの
ターメリック、クローブ、ローズマリー、タマネギの皮、飲み残しの赤ワイン、コーヒー&紅茶&緑茶のだしがらなど

・染料
西洋茜、紫根、コチニール、蘇芳、ログウッド、紅花、インド藍粉末、たで藍乾燥葉、インド藍乾燥葉

全て、行程と染め色が写真で紹介されています。

201705162107388f4.jpg
撮影で印象に残っているのは、バラの花びら染め。
国営越後丘陵公園さんから、たくさんの新鮮なバラを戴き、贅沢に染めました。

IMG_3143.jpg

全国の書店、amazonなどのネット販売店で購入できます!

https://www.amazon.co.jp/%E8%8D%89%E6%9C%A8%E6%9F%93%E3%82%81%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3%E5%B8%96-%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E9%BA%BB%E9%99%BD/dp/4834744019

Category : 未分類
Posted by kurrambon on  | 0 comments  0 trackback