FC2ブログ

atelier艸木 -あとりえそうぼく-(旧・草木染め工房くらむぼん) | 鎌倉の小さな草木染め工房

今年も藍を仕込みました。

201908171044570ea.jpg
二階堂の自宅アトリエからの景色です。
立秋を過ぎて、少し秋めいてきました。

20190817104503eb8.jpg
今年も、昔ながらの醗酵式の藍建てで藍を仕込んでいます。

天然酵母のパンを焼いてみた方、ぬか漬けをされている方なら、すぐに感覚を掴めると思います。

すくも(蓼藍を醗酵させたもの)、木灰、少量の貝灰(あるいは石灰)。
これだけでも建ちますが、私は好みで日本酒を加えています。

藍とお酒を酌み交わしていると思うと、(私は)ぐっと親しく感じるので。
あまり加えすぎると、藍が弱く?なり、phの調整が難しくなりますので、おまじない程度です。

藍の産地によっては、糖分を必要とするようです。
その場合は日本酒やブドウ糖の他、ふすまのお粥を加えます。

201908171101216fb.jpg
失敗したかも?と思っても、気楽に気長に見守っていると、しっかり藍は自分の力で生きようと頑張ります。
その頑張りに、そっと手助けをすると、みるみる蘇ることがあるので、諦めずに様子を見てください。

どうしてもダメ!という場合は、醗酵建てを諦めて、ハイドロを加えます。
すぐに化学建てで藍が建ち、染色することができます。


20190817110058dcd.jpg
二階堂の自宅アトリエで、漆喰塗りに没頭しています。
練り漆喰ではなく、本漆喰(石灰、わらすさ、ふのり)を自分で練っているのですが、もう、びっくりするほど海の香りがします。

201908171045198b3.jpg
藍建て用の貝灰と漆喰を並べると、どちらも真っ白で似ているので頭が混乱します。
もともとは漆喰も、石灰ではなく貝灰を使ったのかもしれないな、と思いつつ。

スポンサーサイト



Category : つれづれ
Posted by atelier souboku on  | 0 comments  0 trackback

セルフリノベーション記録・1


鎌倉・二階堂の山の上の古いお家(住居兼工房)を、自分たちで手を入れて少しずつ快適?空間にしています。
20190621122511d14.jpg

とはいえ、まったくのシロウトの私たち。
(私は染色、家人は音楽業で、日曜大工すら経験がありませんでした。無謀)
201906211222138fd.jpg

はるばる山陰・鳥取から、DIY経験豊富な家人の友人(ワタルさん)が泊まり込みで作業に来てくれることになり、自分たちでできることは、とことんやろう!と、かなり大がかりなセルフリノベーションに踏み切り、とても贅沢な経験をさせてもらえることになりました。

作業が深まるにつれ、家と仲良くなっていく、家との距離が近付いていくのが分かります。

せいぜい漆喰塗りや、化粧板貼り程度を想定していた私たちが、畳を剥ぎ取り、古い根太を解体し、シロアリにやられた大引き(一番基礎になる木材)を、取り替えることができたのは、ワタルさんのおかげです。
20190621122238c04.jpg

2019062112230317f.jpg

そして、鎌倉・逗子・小田原etc.各地の友人たちの助けもたくさん。
20190621122542400.jpg

友人たちのあたたかなサポートのおかげで、大変な作業を乗り越えています。
いっそ、大変な作業が面白く感じられてしまう不思議。


さらに湘南の自然素材の家づくりといえば…の「きらくなたてものや」さんの力を借りて、わいわい楽しくリノベーション祭りが始まりました。
http://www.kirakunat.com

きらくなたてものやの日高さんは「施主こそ身体を使って!」という考えの方で、いろいろ自分たちでやりたい私たちに、嫌な顔ひとつせずプロからのアドバイスをくださり、おかげで安心して作業が行えました。
201906211224216c5.jpg


屋内テントに寝泊まりしながら、毎日全力で作業。夜になればわいわいお酒を飲み、久しぶりに会う友人と語らい…。
6月中旬に10日間、7月に10日間、そんな日々を過ごしました。
20190621122341828.jpg

201906211225102e2.jpg

20190621122619cbf.jpg

まだまだ遠い道のりですが、
ちょっとずつ、リノベーションの様子をご報告していきます。

Category : つれづれ
Posted by atelier souboku on  | 0 comments  0 trackback

5/12(日)よもぎ染め体験@鎌倉【満席になりました】


201904161459278d3.jpg

草木染め体験・よもぎ染め
野原のよもぎを摘んで染めます。

日時:5/12(日)14時〜16時 満席です。【以降はキャンセル待ちにて承ります】
会場:kamakura 24sekki

〒248-0022鎌倉市常盤923-8
(鎌倉駅西口徒歩20分・もしくは市役所前よりバス5分徒歩1分)

費用:¥3500+素材費(てぬぐい¥300 シルクコットンショール¥1500 シルクショール¥2500〜)

当日は汚れても構わない服装、お足元でご参加ください。

定員:8名さま

【雨天時は、あらかじめ用意したよもぎで染めます】
【また、野の状況によって採集を見合わせることがございますのでご了承ください】

20190416153819db3.jpg

・お問い合わせ、お申し込みは

kurrambon@gmail.com
kamakura.souboku@gmail.com

もしくは、こちらのメールフォームをご利用ください。

http://kurrambon.wixsite.com/2013/contact

会場アクセス
http://24sekki.p1.bindsite.jp/access.html




~重要なおしらせ~

* ワークショップへのお申し込みの際、softbankなどの携帯端末のメールアドレスをお使いの場合、返信メールが届かないことが(頻繁に)あります。

gmailからの受信が可能な状態に設定ください。


* 24時間経っても返信メールが届かない場合は、別のアドレスにてお問い合わせいただくか、FBページのメッセージをご利用ください。

* 返信が迷惑ボックスに配信されてしまうことがあります。そちらも御確認ください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

20190416150431dfd.jpg

初夏の野の色は、きらきらと輝くようです。

20190416150002791.jpg

Posted by atelier souboku on  | 0 comments  0 trackback

atelier艸木-あとりえそうぼく- 工房名をあらたに活動します。

201902111334048ef.jpg
鎌倉・二階堂の住居兼工房。
ようやくようやく動き始めました。

先日は、山桜舞い散る中で大工さんたちと打ち合わせ。
土壁を作ったり、漆喰を塗ったり、床板をはったり…自分たちで行っていく予定です。

築60年の、このちいさなお家にふさわしく、寄り添うように手を加えていけたらと思います。

まだまだ目処は立たないのですが、移転に伴い工房名を新たにすることにしました。

草木染め・藍染工房
atelier艸木
-あとりえそうぼく-


二階堂の家の、うっそうとした山肌を歩いていたら、ふと胸に浮かんだ名前です。
そぼくに草木(艸木)と共に歩んでいかれたらと思います。

メールアドレスも新たに
kamakura.souboku@gmail.com

に変更しますが、これまで通り
kurrambon@gmail.com

もご利用いただけます。

十四年お世話になった 草木染め工房くらむぼん から、
ゆっくりと移行してゆきます。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

20190323080432538.jpg
敷地内は日本茜がたくさん!
春になって顔を出してくれ、雑草とはいえ、とてもうれしいです。

20190211133328fb5.jpg
台所からは、山の景色が見渡せます。
見渡すというか、見守られているという感じですね。

Category : 未分類
Posted by atelier souboku on  | 0 comments  0 trackback

重ね染めたち色々

20190323080512ae4.jpg
植物の色彩を重ねて

20190323080509b7b.jpg
エンジュ、蘇芳、ログウッド(すべてマメ科植物)

20190323080511bef.jpg
すくも藍、ログウッド、蘇芳、エンジュ
画像より、もうすこし紫のニュアンスがあります。

201903241117596d1.jpg
さいたま・大宮の『goto』さんからの大胆なご提案でしたが、染めていて楽しかったです。
夜明けのような、深い闇の向こうから光が射し込むようなイメージでした。

20190324111534448.jpg
すくも藍、蘇芳、エンジュ、ログウッド
最近、すくも藍の美しさに心が奪われています。

20190324111539fd7.jpg
淡いエメラルドやパープルが重なっていきます。
光のプリズムのようになったらいいな、と思いながら染めてみました。

20190324112044230.jpg
桜と桑
鎌倉の大地の恵み色です。
『kamakura24sekki』さんに納品予定です。

今年は桜が早く、ちらほら山が霞みがかってきました!
鎌倉の桜は山桜の豊かな彩りが美しいのです。


goto
さいたま市大宮区大門町3-207
TEL 048-708-2482
火曜・土曜日定休
11:00~19:00

kamakura24sekki
鎌倉市常盤923-8
0467-81-5004
月〜木定休

Posted by atelier souboku on  | 0 comments  0 trackback